ワンと暮らす。~栗橋のマール


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月25日




昨年8月25日、我が家の初代犬りんごが永眠しました。
茨城県守谷で保護された捨て犬だった雑種犬。子どもの頃、シェパードみたいだといわれた容姿も数年後には鼻先の黒さも薄れ、和犬の様相が強く現れるようになって。
8月24日、安楽死を決断せざるを得なくなり、家族みんなでひたすら泣いた。
大好きな焼き鳥を買い、好きなだけ食べさせた。
7月後半にはがん細胞が体中に転移していることがレントゲンでも素人目にしっかり確認できるようになり、先生が想像していた以上に肛門周辺の癌腫瘍が大きくなっていた。
それまで何度も、先生の口から安楽死をほのめかすような言葉も出ていたけど、納得できずに何とか助けてほしいとお願いして・・でも、2度目の手術から1ヶ月ちょっと・・その1ヶ月は、きっと相当苦しかっただろうと後に先生にも言われました。
最後の1週間ほどは夜も眠れず、おしっこもうんPも出したいのに癌で入り口がふさがれて出すことが出来ず、苦しくて悲鳴のような声を出しながら部屋を歩き回ったりんご。お腹をさすっても苦しさは変わらず、最後に酷い事をしてしまったとずっと後悔していました。

いい病院で最期を見ていただけたことが、本当に幸運でした。家族以外はちょっと苦手、というりんごが大好きだったふたりの先生。夜中でも電話に応じてくれ、血尿と嘔吐物に血が入ったときには翌日早朝には新しい薬が出来たと電話をくれ、申し訳なくなるほどでした。
そして25日は、休日返上でりんごの最期の処置に駆けつけてくださいました。
驚いたのは25日、りんごと最後の散歩をして戻り、これからお別れ、というときに、脚に怪我をしているので傷の処置をしておきましょう、と処置室に入ったとき。それは当たり前のように施されて、脚も綺麗にしてもらって、お別れの部屋に入りました。
遺体になってからも、担当の先生は一人で丁寧にりんごの体を拭き、ブラシまで掛けてタオルを敷いた箱の中に寝かせ、車まで運んでくださいました。
死の迎え方はそれぞれでどんな形であれ必ず悲しみがつきものだけど、今になって考えれば、りんごは最高の形で虹の橋を渡れた本当に幸せな犬だったと思います。最後の数日のあの苦しみ・・あれを見なければ私たちはきっと納得して安楽死という決断を受け入れる事は出来なかったけれど、それでも、そのことだけがりんごに対して申し訳なかったと今でも考えています。

25日は東大病院の敷地内にある「動物慰霊碑」に手を合わせてきました。そこには、大学病院の試験体となった動物達が眠っています。りんごも、これから先ここで命を任せる子達も、こうした動物達、そしてご家族の恩恵に預かっているのだと思い、感謝をこめて手を合わせました。中には「没後20年」という小さな手書きの札も立てかけてありました。亡くなって20年経ってなお、ご家族がここを訪れているのですね。
りんごと歩いた東大の敷地内を巡って来ましたが、今構内は大規模な改修工事の真っ最中で、りんごとの思い出の場所も無くなっているところがたくさんありました。
今年の始めに来たときは泣きながら歩いたけど、昨日は少し冷静になって歩けました。これもマールとヘレンのお陰かもしれない・・と思うところもあります。
今日も手術が行われているはずの病棟には入りませんでした。下から見上げたら、昨年の8月25日と全く同じ光景。
ここに来られた子は幸運だと思う。現在は紹介しか受けていないということだったので、ここに来ているという事は症状が深刻な場合が殆どだけど・・。
どんな病気であれ怪我であれ、すこしでも多くの命が救われて欲しいと願います。


かくれんぼ
元気だった頃。カーテンに隠れて人が通ると嬉しそうに顔を突き出してきたりんご。




動物病院では、献血用血液を提供してくださる方を公募しているそうです。私がりんごのことで病院へお世話になっていた時にも、献血で通院しているワンちゃんに出会いました。毎日輸血に通う飼主さんがたくさんいます。25キロ以上で健康なワンちゃんの飼主様、宜しかったら情報ページを是非見てみてください。
HPはこちら





スポンサーサイト

先代りんごの月供養

先代が亡くなったのは昨年8月25日。午後5時28分。
病院のベッドの上で、麻酔で眠りにつき、そのまま天国に昇っていきました。

りんごの最後はこちらで掲載させていただいています。
またこの記事に向き合うのは辛いので今日はリンクだけにします・・・。(りんごのカテゴリに飛びます)

うちに来た頃のりんごの写真です。017.jpg
この頃、おそらく3ヶ月くらいとのことでした。


こちらは入院中。昨年夏、最後の手術の翌日です。痛みも無く、元気いっぱい。面会では大喜びではしゃいでいました。
079.jpg
釣りあがっていた目はすっかり垂れちゃって、お顔も真っ白ですが同じ子ですよ

毎月18日がお寺の合同慰霊祭なんですが、年末年始は都合がつかず行ってあげられなかったので、3ヶ月ぶりになって
しまいました。
合同慰霊祭は毎回すごい混んでいて、もう何年も通い続けている方も多くいらっしゃるとの事です。
私も、出来るだけ参加したいと思っているんですが・・・。


今日は帰りにやきとりを買いました♪りんごが最後に喜んで食べていたから。大好きな砂肝と、レバー。
もちろん、今日だけはマールにもサービスです。
レバー1本、ほぐしてあげたんですがあっという間でした当たり前か・・・。


考えてみたら、マールには本当に救われているなあ。
りんごの事はまだずっと引きずっているけど、マールが居てくれるから前向きで居られるような気がする。
「犬を失った悲しみを埋めてくれるには犬だけ」と、愛護団体のスタッフさんから言われたことがありますが、少なくとも
自分にとっては本当にそうでした。

りんごもマールも、一度は要らないと言われた命。でも我が家にとっては、大切な家族になったんだよ。
マール。一緒に、幸せになろうね。
4b6e0c7e27889o0336044810372268560.jpg


りんご、虹の橋を渡る

りんごが、永眠しました。
8月24日、手術からずっとお世話になっていた先生から宣告をうけました。

「これ以上は、かわいそうです・・・。」

3月に一度目の手術、7月、2度目の手術。
実は2度目の手術のとき、楽にしてあげる道もある、と言われていました。

でも、頷けなかった。

癌が進行しても、まだ体は十分元気で、どこも弱っていなくて、散歩も元気に楽しそうに歩いていたから。
生きたい、と言っているような気がしたから。

7月の手術は成功し、元気になったりんご。手術翌々日の写真。健康そのものに見えました。
147.jpg
173.jpg

外に散歩に行き、お気に入りのベンチでおやつを食べました。
階段が登りたくて仕方なかったけど、おしりの傷口に包帯を巻いていたから行けなかった。

でも、入院中に少し遠出も出来ました。
東大構内は広いから、とっても歩き甲斐があったもんね。

有名な東大の大銀杏も見たし。

24日、我が家で最後の一日を過ごすため、出なくなってしまったおしっこを抜いてもらい、帰宅。
大好きなやきとりとお刺身を久しぶりにたくさん食べた。
美味しそうに、嬉しそうに。



8月25日、りんごが旅立つ日。
夏休み中だったりんごの担当先生が、病院で待っていてくれました。
りんごが大好きな先生だったから、最後はどうしても先生に送ってほしいと思っていたけど、休み中に来てくれる
なんて・・・。

麻酔薬で眠りにつき、そのまま天国に行ったりんご。

最後まで、家族の顔を見つめていた。

そして先生は綺麗な箱で眠るりんごを、大事に車まで運んでくれた。


りんごは幼い頃に虐待を受けていただろうと言われた犬です。生まれたとき、その誕生を喜んでくれた人は居なかった
かかも知れません。
でも、遺棄された後、ボランtティアの方と出会ってから、りんごの犬生は幸せであってくれたと思います。
近所の人にも可愛がられ、最後は病院の先生にまで大きな愛情をいただき、贅沢はさせてあげられなかったけれど、
生きていてよかったと思う生涯をプレゼントできたような気がしているんです。
ただひとつ申し訳ないと思うのは、家族がりんごを失いたくないがために、最後の最後にとんでもない苦しみを与えて
しまったこと。
最後の1ヶ月は本当に苦しかったと思います・・・。

でも、矛盾しているけど、あの1ヶ月の苦しみを見なかったら、私達家族が納得できなかったのも事実。

安楽死を担当する獣医さんの心の負担は相当なものだそうです。
心の優しい人なら、なおさら。

安楽死を口にしたときの先生の気持ちを思うと、本当に申し訳なく思います。

今はただ、先生には感謝の気持ちしかありません。

りんごは今、お骨となって我が家に居ます。
火葬場の方たちもとてもあたたかくて・・・りんごの運ってこんなところまで?って思ってしまった。

今までありがとう、りんご。
天国ではもうどこも痛くないからね、沢山走り回れるよ!
284.jpg


※記事は2月に書いています。
まだ涙が止まらなくなりますが・・・ようやく気持ちが落ち着いてきました。







癌、でした

数年前から血尿があったりんご。
肝臓の具合だということだったのですが、掛かり付けの先生からの紹介で今回都内大学病院の獣医さんに診察してもらえる
ことに。
結果は、癌でした。

手術をしました。
結果は良好で手術翌日には元気な姿を見せてくれました。よかった。

使い慣れないカラーを首に巻いたままのりんご。
歩きにくそうにがさがさぶつかっては止まって助けを求めてる。
1度目の手術後

最近白内障で視力が落ちてきているりんご。歳をとると人間も動物も問題が出てくるよね。
見にくそうだからホントはカラー外してあげたいけど、傷口をなめちゃうかも知れないからもうちょっと我慢だね。


いっつもくっついていたいりんご

いつでも家族にべったりくっついていたいりんご。
お布団があると、一緒に入って寝るのが当たり前なのよね~。
045 ’2008年10月改築後

この体勢でベロベロされるからたまらん!!可愛いんだけどね~・・・。

ちなみにりんごはダブルコートなのでよく毛が抜けます。
家犬は一年中抜けるって誰かが言ってたけど・・・ホントなんですね。

布団からいなくなって見てみたらどっさり!!いや~、、毎日あれだけ抜けててよく禿げないもんです(笑)。

Top|Next »

HOME


マール

縁あって2009年に我が家に。

多分埼玉出身、多分おかあちゃん。

頑固で気分屋で、ちょっと気難しいオバちゃん犬。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓写真クリックでヘレンブログに
ジャンプします。

ヘレン

★応援有難うございました。2011年春、めでたくお嫁入り出来ました♪

長野県の自然に恵まれた環境で

のびのび暮らしているそうです。

おうちでの呼び名は「へーちゃん」

もしくは「へーすけ」だそうです。♪

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

☆返信させて頂きますので必ずアドレスお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:


いつでも里親募集中
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ NPO法人日本動物生命尊重の会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
動物の幸せを結ぶ会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

迷子・里親様募集情報も!Andy hello


この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。